​ひのき草木染織工房について

加納容子主宰で始める。女子美術短期大学卒業。東京で織り教室など開いていた。1977年東京からUターン、実家の酒屋を営みながらも、染織をやめることはなかった。草木で絹糸を染め、着物を織り、染織展などへの出品もしていた。1996年に勝山町並み保存地区ののれんを制作し始めたのをきっかけに、酒屋をギャラリーに改装した。現在100軒以上ののれんが町並みに掛けられている。また、全国各地からオリジナルのれんの注文も受け、直島のれんプロジェクトののれんも手掛ける。

Yoko Kano has started this studio in 1997. She was born in 1947 in Katsuyama, Maniwa city, Okayama, Japan. She studied weaving and dyeing at Joshibi University of Art and Design in Tokyo, after which she remained and worked in Tokyo till her returning to Katsuyama in 1977. She set up in the same year Hinoki Dyeing and Weaving Studio where she has continued to work.

About Studio Hinoki

©2020studiohinoki 

ひのき草木染織工房&ギャラリー 

717-0013 岡山県真庭市勝山193 studiohinoki@gmail.com

  • Instagram
  • Facebook